FC2ブログ
 全1ページ
  

2007.12.09     カテゴリー :   横須賀基地

2007YOKOSUKA




2007.12.8。数十年前は、日本は戦争に突入した日時である。誰もが思っているだろうが、まさか、こんな日に公開とは、と、いうより、平和になっている証拠と言ったほうがいいだろう。1961年に就航したキティホーク。彼女も来年は現役を退き、余生をどのように送るかは定かではないが、日本にとっての最後の公開?になるであろう。そんな通常動力型航空母艦キティホークに、お別れを言いに、乗艦をしてきた。宣伝が行届いているのか、大勢のマニアや一般人が訪れ、蟻の行進のような、行列が出来たいたが、それなりに早く展開していたので、少しはマシであったか。彼女の全形を撮る事が出来たのは、冒頭の写真のような、角度でしか撮れなかった。






9月の帰還時には、海峡での写撃迎撃戦にて仕留めたキティホーク。全形はこの時、納めているのでまあいいかとは思うが。この時は、後日、ファミリークルーズを控えており、艦上には数機が係留されたままで、おまけ付がなんとも珍しい。





話はもどるが、基地公開のもう一つの目的は、と、いうより、こちらの方が目的である、160905 F-14TOMCAT である。甲板上に居ればまたこれもよし、





前回は開放時にあった位置にあればそれもまた、キティ甲板上から撮れるから、これもまたよしと、期待をして入り込んだがやっぱり、以前のままだ。
これはいいぞと、飛行甲板に上がったのと同時に、好位置を探し撮影開始。
これが目的のマニアは意外と多い。と、撮影していると、知り合いの子が隣で撮影をしている。すっかり、撮影に夢中になり、声を掛けられるまでわからなかった。(苦笑)





この角度は、何ともいい角度で現役で完璧な機体の頃、撮りたかったものだ。




それにしても、なんともボロボロになっているものだろうか。日本にある機体は、2機。厚木のゲートガードとこの機体のみ。この機体もキティホーク帰国と同時に帰国してしまうのか?1978年度会計の1機で、VF-32、VF-142、VF-74、VF-11、VF-24に在籍し1996年2月に除籍。退役後NorthIslandに保管され、キティ来日の際、一緒に来たのであるかと推測される。この機体を拝めるのも最後かもしれない。


プロフィール

どら猫

Author:どら猫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR