FC2ブログ
カテゴリー 《 横須賀基地 》   全1ページ
  

2020.01.03     カテゴリー :   横須賀基地

横須賀カウントダウン 2020


2020 COUNTDOWN YOKOSUKA  


CX9I3466202011.jpg


今年は数年ぶりに参加。風も強いが気温はそこまでも寒くはない?、護衛艦いずもは改装前の参加になるのだろう。2020、節目の年。今後の十年に向かい、どのような道のりが待っているのかはわからない。が、締めの道のりになることは確かだろう。いずも、も、改装され、これからの自衛隊史に名の残る、そして、戦後初の運用を開始する艦となり、その役目はこれからの日本の防衛に影響を与えることになることは明らか。そんな要の年に、良い打ち上げを見させてもらった。風はやや強く、花火の破片と煙が舞い降りてはきたが、冬の舞は寒空に大きく舞った

CX9I3525202011.jpg
CX9I3532202011.jpg


午前0時。マニアが場所取りで最前列を無めるだけで人は少なかったが、時間と共に集まった大勢の人々。自衛艦の満艦飾を綺麗と連呼する人々。年越しを前に消え、風の騒めきだけが通り過ぎる。その時を待つ人々のカウントが始まり締めた途端に点灯、汽笛、サーチライト、花火が舞った。
舞い上がる、火の華と舞声は、光と闇と希望と暗望、人々採るのは未来かな。


CX9I3462202011202013.jpg


暖冬のこの冬。
来年に向かって走り始めて日本を片隅に、どう流れていくかこの10年。
どーんといこうや。

御粗末。

2017.01.01     カテゴリー :   横須賀基地

2017 新年

CX9I572520161231.jpg


今年もよろしくお願いいたします、

2016.01.01     カテゴリー :   横須賀基地

2016.1.1

1N6A5789201511.jpg
1N6A5824201611.jpg

2014.04.19     カテゴリー :   横須賀基地

横須賀カレーフェスタ2

2014.4.19


ここ横須賀海上自衛隊基地にて前回から始まったカレーフェスタが行われる。

前回は、所要で行けなく、今回は是非とも参加とのことで進軍。

是非とも参加したい素人さんを引き連れ朝早くからの展開。

これがやはり功を奏した。

素人さんを進軍させるには早すぎかなとは思ったがイベント。

出来れば先頭を取る心構えで行かないと何が起きるか分からない。

朝7時台に到着しても100~200はもう並んでいたwww

なんたること、ここまでとは。

これ以降は、本日1日、横須賀の街がカレーパニックに陥ったことは言うまでもない。

我々はすんなり入場、カレーを制覇

TVのインタビューまで受けて堪能した事も言うまでもないwww



IMG_8272.jpg



各種カレーは特徴があり全て味が違う

具の中身も大胆なところもあり、やはり人目にはトッピングが目を引き人気に及んだブースも。


1  横須賀潜水艦部隊   濃厚味わいカレー
2  DD154  護衛艦「あまぎり」  天霧にんにくカレー
3  DDG171  護衛艦「はたかぜ」  はたかぜ豚カレー
4  DD102   護衛艦「はるさめ」  Chicken Soup Curry
5  DD101  護衛艦「むらさめ」  昔懐かし「むらさめ」カレー
6  DD110  護衛艦「たかなみ」  燃えよ!スパイシーカレー
7  DDG176  護衛艦「ちょうかい」 ちょうかい特製シーフードカレー
8  DD111   護衛艦「おおなみ」  おおなみプレミアムカレー
9  DD155  護衛艦「はまぎり」  豚角煮と野菜のカレー
10  ATS4202 訓練支援艦「くろべ」 呉代表カレー
11  DDH144  護衛艦「くらま」   内閣総理大臣喫食カレー
12  DDG173  護衛艦「こんごう」  チキンカレー
13  AOE423  補給艦「ときわ」   ローストビーフカレー
14  DDG178  護衛艦「あしがら」  ビーフカレー
15  DDG177  護衛艦「あたご」   ビーフカレー

00  DDG174 護衛艦「きりしま」  不戦


まあ、全ておいしいでしょうww

しかし、まあ、シングル500円 ダブル900円は高いのでは?

あの量ではもともと税金をつぎ込んだイベント、もう少しお値下げするか

がっちりいくかだと思ったが。

ご飯の量が少ないのがなんとも。

また、配布人数もあれでは少なすぎると思われ。

一生懸命頑張っているのは見受けられましたが、効率を考えると???

まあ、ともあれ、お疲れ様です。

来年はもっと早く来ないとダメかな?

今回、先頭は5:40らしいですwwwww


1N6A1068.jpg
1N6A1203.jpg
1N6A1108.jpg
1N6A1218.jpg
1N6A1223.jpg


艦船見学をし、いずもの具合を確かめ、最後はこれまたw

げばがばになった1日である。




IMG_2725.jpg



これは2度と食べないのである、あまい。


お粗末



2007.12.09     カテゴリー :   横須賀基地

2007YOKOSUKA




2007.12.8。数十年前は、日本は戦争に突入した日時である。誰もが思っているだろうが、まさか、こんな日に公開とは、と、いうより、平和になっている証拠と言ったほうがいいだろう。1961年に就航したキティホーク。彼女も来年は現役を退き、余生をどのように送るかは定かではないが、日本にとっての最後の公開?になるであろう。そんな通常動力型航空母艦キティホークに、お別れを言いに、乗艦をしてきた。宣伝が行届いているのか、大勢のマニアや一般人が訪れ、蟻の行進のような、行列が出来たいたが、それなりに早く展開していたので、少しはマシであったか。彼女の全形を撮る事が出来たのは、冒頭の写真のような、角度でしか撮れなかった。






9月の帰還時には、海峡での写撃迎撃戦にて仕留めたキティホーク。全形はこの時、納めているのでまあいいかとは思うが。この時は、後日、ファミリークルーズを控えており、艦上には数機が係留されたままで、おまけ付がなんとも珍しい。





話はもどるが、基地公開のもう一つの目的は、と、いうより、こちらの方が目的である、160905 F-14TOMCAT である。甲板上に居ればまたこれもよし、





前回は開放時にあった位置にあればそれもまた、キティ甲板上から撮れるから、これもまたよしと、期待をして入り込んだがやっぱり、以前のままだ。
これはいいぞと、飛行甲板に上がったのと同時に、好位置を探し撮影開始。
これが目的のマニアは意外と多い。と、撮影していると、知り合いの子が隣で撮影をしている。すっかり、撮影に夢中になり、声を掛けられるまでわからなかった。(苦笑)





この角度は、何ともいい角度で現役で完璧な機体の頃、撮りたかったものだ。




それにしても、なんともボロボロになっているものだろうか。日本にある機体は、2機。厚木のゲートガードとこの機体のみ。この機体もキティホーク帰国と同時に帰国してしまうのか?1978年度会計の1機で、VF-32、VF-142、VF-74、VF-11、VF-24に在籍し1996年2月に除籍。退役後NorthIslandに保管され、キティ来日の際、一緒に来たのであるかと推測される。この機体を拝めるのも最後かもしれない。


プロフィール

どら猫

Author:どら猫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR