FC2ブログ
カテゴリー 《 百里基地 》   全6ページ
   ► 次のページへ

2019.12.03     カテゴリー :   百里基地

F-4EJ 301

CX9I02032019121.jpg

2019.03.05     カテゴリー :   百里基地

F-4EJ改 Phantom II "OJIRO"


JASDF 302nd Tactical Fighter Squadron F-4EJ改 Phantom II "OJIRO"

2.3.2019 Hyakuri Base

CX9I76312019022420190302A.jpg

本日が百里で何かがあるとの噂がマニアの間で囁かれ、土曜日の休日に当たり展開を試みる。久しぶりのF系撮影。

到着すると、航空祭外周なんかよりはるかにマニアが集結。至る所にマニアで溢れかえっている。

凄い、やはり何かがあると、聞いてみると案の定。が、しかし、この多さ、どうにもこうにも。

皆さん、どうして知ってるの?と、恐れ入ります。ロケハンで歩き試行錯誤。

マニアとの意見を交わし、過去の情報と思考。大抵外れる事が多いが、そこがこの道の醍醐味。

撮影場所は、厚木基地R/W01 ルート4捻り感覚。爆音からの出始めも森林からのUP。

厚木撮影で慣れた感覚は思考と時間の余裕をもたらす。ポイントが当たれば、高い上がり捻りなら何とかなる。

低い上がりなら、電線と森林の餌食。が、森林には隙間がわずかにある。

ここを通過すればチャンスはあると認識。機材設定を準備する。

1DX2+500mm+2.0x ISO250 1/1000 f9 M

最近はAPS-Cでの撮影が多いのでFullは視界が広い。J79の轟音とともに対空戦闘開始。

低い独特の唸り声の波長が高音域に近づいてくる。森林がらのUPはまだまだ。

音域の変化と共に砲身を仮定されるルートに同調し、この地にある利根川の流れに沿うように漂わす。

不意に白い機体が浮かび上がる。ターゲットに砲身を同調させるが、黒い機体が視界に。

1000mmでは両機体を収める事が出来ない、低い。ここで重ね捻りは無理かと認識、が、木々の間の一瞬しか

チャンスは無い事、AFを外すとOUTが頭によぎる。ここが勝負所。

2機体が真横で森林に。一瞬のブラックアウトが射撃チャンス。ここはCanon機材パワーが発揮される。

『どっ~りゃ~あ~』

Canon旗艦の連射砲14連打が、唸りを騰げる!!

どっとどっとどっとどっとどっとどっとどっとどぉ~

森林帯を突き抜ける機体がブレイク。木々を抜ける黒い機体が、レフトブレイク、R4状態。

身体も右足軸から左足軸に移行させながら、イナバウアーの様に、可憐にスムーズに流す。これが決まるとAF外しが少ない。

周りのため息が一瞬漂う。捻りが引っ張りすぎたのである。

後程話、気合いが入り過ぎたみたいだ。空間がメラメラ状態だが、ブレイク時押えられる偶然が。

これもまた、神のみ知る世界なのか。又、これ、叱り、諸行無常である。

男は黙ってサッポロビール

お粗末。

2019.03.03     カテゴリー :   百里基地

JASDF 302nd Tactical Fighter Squadron Last exhibition flight

CX9I04042019022420190302A.jpg
DSC_79352019030220190302A.jpg
CX9I76312019022420190302A.jpg
CX9I95502019022420190302A.jpg

JASDF 302nd Tactical Fighter Squadron
Last exhibition flight
F-4EJ改 Phantom II "OJIRO"
07-8428 77-8399 Last Memorial Painting Fighter
2.3.2019 Hyakuri Base

2018.12.05     カテゴリー :   百里基地

'OJIRO'F-4EJ改

CX9I984220181201.jpg

2018.07.21     カテゴリー :   百里基地

302SQ F-4

CX9I908320180720.jpg


特別塗装機 SAYONARA F-4 302 SQ


► 次のページへ

プロフィール

どら猫

Author:どら猫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR